ページTOPへ



素材準備のポイント


アスペクト比について

アスペクト比とは画像や画面の縦と横の長さの比率のことです。
昔のブラウン管テレビは4:3、最近の液晶テレビなどは16:9と
と思って頂ければイメージしやすいのではないでしょうか。

2011年7月24日に地上波テレビ放送が完全地デジ化され、
一般家庭のテレビは16:9の液晶テレビなどが主流となりました。
しかし、依然4:3のスクリーンを使用されている式場様が多いのが現状です。

16:9の映像を4:3のスクリーンにはみ出さないよう映し出すと、
上下に余白ができてしまい、ピッタリ合っているとは言いがたい状態になってしまいます。
その為打ち合わせの際、必ず会場での上映スクリーンのアスペクト比をお伺い致しますので、
事前に式場ご担当者様への確認をお願い致します。

素材準備のポイント

お写真の選び方について

近年スマートフォンの普及や性能の向上で、プロフィールビデオなどに携帯で撮った
お写真を使われることが大変多くなっています。

スマートフォンで撮影されたお写真は縦向きのお写真が大変多いです。
しかし、縦向きのお写真はプロフィールビデオなどの映像に使うお写真として
あまり最適であるとは言い切れません。

右図の「case.1」を見て頂ければ分かると思いますが、縦向きに撮られたお写真は
縦全体を意識して撮られたものです。
なのでお写真全体を表示させると左右に余白(黒帯)が必要になったり、
左右を合わせようとすると上下がカットされてしまい違和感が出てしまいます。

「case.2」のようにお写真自体が横向きですと、元より横向きに見ることを
意識して撮られたものですから、映像に使っても無理なく表示できます。

しかし一概に縦向きのお写真全てがNGというわけですありません。
「case.3」のように横向きで映し出しても違和感の無いお写真もあります。

お写真を選ばれる際は、基本的には横向きのお写真を中心にして、
もし縦向きのお写真を使いたい場合、映像にした場合を想定した上で
選んでみてください。
お写真がカットされたり、左右に余白ができるのなんて些細なことかも
しれませんが、そういう細かい部分が完成後の映像のクオリティに
影響してきます。

素材準備のポイント

BGMの選び方について

スタジオクラップスでは、プロフィールビデオ・サプライズムービー・オープニングムービー・エンドロールムービーの
4種類の映像を取り扱っておりますが、全ての映像において重要になってくるのがBGMです。

お客様より「どのBGMを選ぶべきなのか」と言ったご質問をいただくことが多々ございます。
まず言えるのは「BGMがその映像の方向性を決める」という点です。
感動的な映像にしたいのであれば、しっとりとしたバラード調の曲。
楽しく可愛らしい雰囲気にしたいのであれば、アップテンポな軽快の曲。

好きなアーティストから選んでも良いですし、おふたりの想い出の曲なんてのも良いと思います。
どうしても思いつかない場合、ネット上によく使われる曲ランキングなどもありますので、
そちらを参考にされてみても良いかもしれません。

また「映像だけでおふたりの物語を表現したい」そんな思いもあり、当店では映像全体を通しての一体感を出すため、
ひとつの映像に対し数曲使うのではなく、1曲のみを使うことを推奨しています。


Copyright© 2014-2016 STUDIO CLAPS All Rights Reserved.